お絵描きサボり防止ブログ
  • ライブドアブログ
menu
夜明光年/©みっくすよーち
・正式TOP(リンク切れ防止入り口)
・夜明光年1号館
・サイト&プロフ&キャラ案内
・pixiv

夜明光年にようこそ!

お絵描きサボり防止と、ブログを自分にとって楽しく活用したい! 
というスタイルでお送りいたします。
ところで・・謎にキャラが喋っていますが
テスト時に吹き出しにエラーが出やすいため、
もしかしたら突如このキャラの吹き出しはやめるかもしれませんが、
取りあえずぬるく見守っててください
(ダメなときはキャラアイコンと吹き出し全撤去になります)

キャラが喋るアイコン、懐かしいですね!でも・・
あまりこれやる人今はいませんので・・
                   今がやり時でしょうw(^^

Gallery
  • 遊ぶために生まれてきたって知ってたァ??
  • のらくろクン…1987年 TVアニメ
  • スターランプの夜
  • もうすぐ雨が降る
  • ミルキーは♪の味
最新記事
PVアクセスランキング にほんブログ村  ※フリー素材提供:『ぴぽや』様(このドットマップ)
          『E-ARTjapan』様(地球アイコン)

「想定外の刺激」と「マンネリの安心感」、人が求めるもの

2019-62504-00めっちゃ じめじめしている。。
7月です。やばい 今年の後半。。!


ところで 雨の日の、
会社の行きと帰りに ミミズとか

絶対的に絶対的に絶対的に
ふみたくないので

足元をめっちゃみまくっていつも あるいているんですが 地味につかれます・・
(みんなそうあるいてないのだろうか・・謎・・)

夜もライトで雨の日は 足元のミミズ判別の目を光らせながら 歩いていますねぇ・・
雨がどうとかより
ミミズ判別で無駄に疲れるよくわからない自分です



お絵描きの練習の話です。
さて。
初心にかえって最近 ちょっと模写とかトレースしてみることにしました!  
トレースより模写がいいとはよくネットにありますが 
トレースも有効と描いてあるものもあり
素直にトレースと模写の両方でやってみています・・
(効果あるか自分で実験・・)

エヴァ関連で(線数がほどほどなんで)
とりあえず参考にしてやってみています
 
資料ほしいなぁ・・
ネットでググったら設定資料の書籍のレビューに
「模写にいいです!」なんてのってるのもみましたが
それって「模写してる人ってやっぱり資料買う人いるんだな」って久々に思いました
でもよくかんがえたら、昔自分もアニメのムックを買うのは模写ではなかったけれど
絵の参考資料としてだったなあと
何か基本的なことを思い出したりもしました ・・


そんな感覚も忘れてた自分に少し驚きました






ところでエヴァそんな好きだったのかというと


本当はそんなんでもないんですねぇ(^^;




まあ好きっちゃ好きですが、あんましっていうとあんましなんですね・・
個人的には「面白いんだけど鬱描写が精神的に見るのがつらくなってきた」
と、いうほうが正しいです

(なんかシンジくんってかわいそうな目でみちゃう自分がいて。。つらい。
ちょっと回りの大人も冷たいきがしますし・・・。つらい)


たまに「歳を重ねると若い頃より「鬱描写」を見るのがつらくなる」
と、いうのを聞いたことがあります それに近いかも



思えば 若い頃は吾妻ひでお先生の作品が好きだったんですが
(今でも好きですけど)


吾妻ひでお先生の作品の特徴は 
・エロい・グロい・ギャグ・シュール・どことなく鬱系  これが特徴でしたが
昔は「この エロい、グロい、ギャグ、シュール、どことなく鬱系」 がたまらなくここちよかったんですねぇ



かえって鬱っぽい雰囲気の作風が若い頃大好きでした ですが

今はそれなりの長い人生を それなりに
「つらい思い、しんどい思い、疲れる思い」そんなパンチを人生の中、それなりに歩んできて

(※むろんそれだけではないですがw;)


かえって 創作は・・・架空の世界の・・・話の中ぐらいは・・・・



「楽しい、幸せな気持ちにさせてほしいんだけど・・」


そう、人生をつんだからこそ
疲れるとかつらいとかの心理をリピートしたくないというか。


癒されないものを感じる「映像の時間」が単にキツイんですよねぇ・・いい悪い関係なく(^^;
なので けいおん、らきすた、みたいな(※例が古く申し訳ないw)
「ある意味何も考えないで その世界の楽しそうな日常 に脳を置く時間」
の作品がヒットするのも正直うなずけるなあと・・
そう・・


現代人は、社会人は、
大人はそんだけ疲れているんだ・・

そんな感じですかねぇ。 (※そんだけそんだけ世間に疲れてる!)
あと、エヴァのラストってTVと次の映画で見て知ってるから
ヱヴァもラストはきっと・・・(--アンノカントクダシナア



どのみちレイちゃんもあーなっちゃうのかもですし;;




個人的には王道ノーマル属性なので、
シンジくんとラブなラストがよかったのに・・プンスコ


アニメファンでない知り合いが
最初「ヱヴァは面白い!」と言っていたのですが

TV版を見て
「エヴァ・・もう見たい気がしなくなった。あのラストで、見て損した気分になった」 

と、言われました。 (厳しいw;;)


感想は
「単純にハッピーエンドが見たい。日本の作品は基本的にハッピーエンド好まないよね」 とのこと。


うん。わかる 日本人の作品は

「ラストは練りに練らないとダメなきがする!
きっとありがち!って言われる!
」の精神で


「アンハッピーエンド」および
「みんな死ぬ」「主人公死ぬ」「ヒロイン死ぬ」「恋愛ものなのに最後くっつかない展開」「負ける」 多いですからねぇ



その人以外にも同じことを昔ほかの人からも・・・・

「やっぱり、シンプルに読者(視聴者)はハッピーエンドみたいんだよね。
ハッピーエンドでないなら見たあと「見る価値なかった」っておもっちゃう」
「むしろ、あ、なんだまたアンハッピーエンドだった。これこそマンネリ」
と、いう意見もきいたことある・・ウム・・・ 


ここはひとそれぞれ好みは分かれるでしょう。
あと「それじゃあ単純すぎない?」という意見もあるでしょう。
ですが、
「いや、単に見たあと『いろいろあったがやっぱり最後は安心した。よかった』になる王道が大好き派」も 多いとおもいますね・・


近年、名探偵コナンの人気がとどまらないという話もよく聞きますが


これも人気の一つに「コナンはラストホッとさせてくれる安心感がある」
それがあるから「構えて見る、気疲れが必要ない」
カテゴリに属するのではと思います

↑コナンのこの漫画のページで中間のコマに「生きる予感しかしない」とありますが
そう、「・・・な予感」がコナンにおける視聴者 への安心感かなー・・・と。




コナンは見ててマンネリ感は多少します。 だけどどこかそこが
「コナンなら見ててきっと・・・ラストなんとかなる!」 の安心感があるんですね


これ実は結構ポイントなのかな・・
と 近年おもっています


人によっては多分「いつもの。マンネリ」と言う方もいるかもですが
逆に「うん。いつもの。よかった」 こいういう「安心したい派」も
それなりに多いということでは・・ 



もちろん作品はすべてがラストがハッピーエンドならいいとはいいません
ですが「王道の安心感」は、やはり強いというのが興行収入の右肩上がりの数字に現れてるのかもしれません。(※無論、作品にいい意味のマンネリだけではなくプラスαな開拓作風と元々の作品の面白さもあるのはもちろんですけどね!)


劇場版『名探偵コナン』
公開年 作品名 入場動員 興行収入
1作目 1997年 時計仕掛けの摩天楼 100万人 11億円
10作目 2006年 探偵たちの鎮魂歌 255万人 30.3億円
22作目 2018年 ゼロの執行人 687万人 91.8億円
(※こちら参照https://cinema.ne.jp/recommend/conan2019041906/


人が求めてるものは「想定外の刺激」だけではないのかもしれませんね・・


「癒し」「安心」「安定」

これもキーワードなのは事実であるのではいかなーと 思う自分ですね・・・
癒し系まではいかないけど、安心系というべきか・・

(※結局エヴァはもちろん嫌いではないんですよ!いいえ好きなんですけど。なんかうまくいえないけど見ててつらいんです。そういう感じ。。)
それに
たまに自分も血や鬱系の絵を描くこともありますしねぇ。そもそも・・(苦笑)
そして今後もたまにそういうのも描くと思いますし・・





ま、ともあれ 話は戻しますが



画力アップ?に初心にかえってなんかやってみよう思う今日このごろ




版権漫画は、まぁ今年中にできれば嬉しいってことでw(伸びてるww)
まぁ、趣味なんでまったりやりますヨ(^^・・・
 
ではまた次回
                                Copyright © 2008- mixyochi. All Rights Reserved.